2014夏 「fringe NYC」参加決定についての、報告とお願い。

ご報告2013年春に上演したオリジナルミュージカル『一遍』を世界最大級の演劇フェスティバル「fringe NYC」に応募いたしましたところ、審査に合格。2014年8月にエンターテイメントの本場・ニューヨークで公演を行う運びとなりました。fringeNYCとは北米最大級のマルチアーツフェスティバル。200カンパニーが世界中から集まり、20以上の会場でパフォーマンスを行います。毎年75,000人の観客、5,000人のアーティスト、2,000人のボランティアが期間中にNYを訪れます。NYフリンジの最大の特徴は審査があるところです。他のフリンジでは参加費用を払えば抽選などで誰でも平等に参加できますが、NYフリンジでは、NY演劇界の75人の審査員が厳正な審査を行いアメリカ国内から約170団体、アメリカ国外から約30団体が選ばれます。また、NYフリンジからは「ユーリンタウン」などブロードウェイに進出し、高い評価を得る作品も生まれ、明日のブロードウェイを担う才能を輩出する登竜門にもなっています。わたしたちは劇団として日本初のブロードウェイでのロングラン公演を目指しています。ブロードウェイミュージカルを輸入し、日本版として上演することは多いですが、日本の劇団のオリジナル作品がブロードウェイで上演されるということは過去に類をみないことです。日本のオリジナルミュージカルを世界に発信したい。そしてブロードウェイでのロングラン公演をする。輸入が主な流れであるミュージカルの世界に、日本からの輸出という新たな流れを起こすためにも、ブロードウェイへの登竜門である「fringe NYC」という世界最大級のフリンジフェスティバルへの参加は大きな一歩となることは間違いありません。 お願いしかし、今回の「fringe NYC 2014」への参加にかかる費用はすべて自己負担となっております。主催者側から提供されるのは劇場と時間だけです。公演でのチケット収入の半分は主催者側に支払い、劇団には残りの半分が収入として入ることになっております。チケットは約15$、公演は5回程度なので、とてもチケット収入だけではまかなえません。今回わたしたちは18名のカンパニーとして参加致しますので、約600万円ほどの支出を想定しております。そこで今回の企画にご賛同し、資金提供してくださる方を募る運びとなりました。CAMPFIRECAMPFIREと言う支援サイトがございましてそちらのサイトにエントリーをしております。クレジット払いとなりますが、500円から支援可能となっており僅かながらではありますが支援して頂いた皆様にリターンを設けております。詳しくは下記サイトにて載っておりますCAMPFIRE

遂に夢が叶う扉の前に立つことが出来ました。
これも、今までご来場頂いた皆様、公演を陰ながら支えて頂いた皆様
いつも応援して頂いている皆様、全ての皆様のお陰だと思っております。
ありがとうございます。

このチャンスを逃すことなく前に進みたいと思います。
皆様の応援が力になります、よろしくおねがいします。

~夢中だった、あなたがいます。~

 

Please reload

2015 ©Fuuun-Kabocha-no-Basha. All rights reserved.